卒業生の皆さんに、作品のこと、学校のこと、校舎のある北千住のこと、いろいろ聞いてみました!

滝井ゆきの -プロジェクト1-

滝井ゆきの

人のエネルギー、熱量が感情を伴って溢れる場面・セリフから、人間誰しもに共通する「業」 を表現することで、人間というテーマをダイナミックに表したいと思い、作品を制作した。
本作では、感情・状況の類似性に焦点を当て、様々な物語の場面が断続的に繋がっていく。
何かストーリーを読んでも、そのストーリー自体とは関係なく鮮明に心に残る場面やセリフがある。本作でも、受け手に鮮明に残る何かが残せれば幸いである

-音環に入ったきっかけ

もともと長くピアノをやっていたこともあり、音楽を勉強できる道には興味がありました。ただ、文学など他の分野にもかなり強く惹かれていたので、様々な分野を領域横断的に学べる科であると聞いて、進路を決めました。

-在学中に主に勉強したことは何?

様々な方面での知識、作曲ソフトの使い方など実用的なことから、ものを作る上で大事な心の持ちようなどをたくさん学ぶことができたと思っています。
特にアニメーション作品に音楽をつけるというコラボでは、作曲方法だけでなく共同作業におけるコツやコミュニケーションの取り方などを実際的に理解していくことができたので、良い経験でした

-作品 or 論文の概要をわかりやすく説明してください

本作では、「人間の業」をテーマにして、様々な物語の場面が断続的に繋がっていく演劇作品で、感情・状況の類似性によって場面が繋がっていくため、登場するキャラクターのパラレルワ ールド・転生とも取れるように作っています。 「完結しない」「平行線な」面白さ、そしてその線が交錯する面白さを感じていただけたら幸いだと思います。

-作品or論文でやりたかったこと、伝えたいことは何?

上記の質問で言ったことに加えて、様々な「人間の業」を30分間で一気にみることになりますから、お客さんが「業」について、ひいては「人間」について今一度再考し、改めてご自身と深く向き合うことのきっかけとなれば嬉しいなと思います。

-千住キャンパス周辺の好きな飲食店について語ってください

1度みんなでクリスマス会した一歩一歩 というお店が、今でも忘れられないほど美味しかった思い出があります。