卒業生の皆さんに、作品のこと、学校のこと、校舎のある北千住のこと、いろいろ聞いてみました!

長島千尋 -プロジェクト3-

きみといた部屋

長島千尋

自作のヘッドトラッキングシステムを使用した、バイノーラル再生方式によるオーディオドラマ作品。視覚が音像定位の知覚に影響を与える点に着目し、再生環境においてもデザインを行なった。

-音環に入ったきっかけ

中学・高校時代に5年間所属していたコンテンポラリーダンス部で音響をずっとやっていたのと、物理がすきだったので、音響物理おもしろそうだなと思ったからです

-在学中に主に勉強したことは何?

音のおもしろさとむずかしさ

-作品 or 論文の概要をわかりやすく説明してください

音を聴く場所の視覚的な影響で音の聞こえ方がどう変わるのかに興味を持ち、音響作品を聞くための部屋を学校に作りました

-作品or論文でやりたかったこと、伝えたいことは何?

人間は2つの耳だけで音を聞いてるわけではないということ

-千住キャンパス周辺の好きな飲食店について語ってください

駅前にあった喫茶店「サンローゼ」です。すごく広くて、レトロな喫茶店。もうなくなってしまいましたが...。夏休みのハードな創作ワークショップの期間に、朝はやく先輩と待ち合わせして一緒に食べたピザトーストはとっても美味しくて力が湧いたことを覚えています。